規模が小さいところは廃業の可能性がある

大手のキャッシングサービスであれば大体は問題ありませんが、中小の規模が小さな消費者金融の場合には、業績の悪化などによる廃業の可能性が残ることは知っておきましょう。廃業となっても借金がなくなるわけではなく、別のサービスへの移行となる場合がほとんどのため、利便性などが変化してしまう可能性があるのです。

 

過去には多くの中堅消費者金融が存在していましたが、グレーゾーン金利の廃止や貸金業法の改正により姿を消したところも多いです。その一つがキャッシングのアイクで、アイクは一昔前は繁華街などにも大きな看板をだすほどの中堅消費者金融としては名が知られていたところでしたが、今ではサービスを停止しています。

 

大手も過去には廃業や統合となったところも存在しているのですが、それでも中小の消費者金融と比べると生き残る可能性が高くなっています。実際に現在の大手とされるアコムやプロミスは、過払い金の返還請求などによって業績が大きく落ち込んだときでもそれぞれ銀行のグループとなるなどして生き残っています。

 

廃業となるとその旨を知らせるための通知が自宅宛に届く場合もあるため、借りるならそういった可能性が無いところを選んでおくのが良いです。とは言え、当時もまさかアイクのキャッシングがなくなるとは思っていた方もいなかったので分からないのですが、業界でも最大手とされるところから借りるようにしておけば、とりあえずは安心ができるのではないでしょうか。